top of page

サユタート・ニカーヤは、輪廻そのものを超えた永遠の知恵である仏陀の知恵を深く詳細に理解するために、その全文を読むのに理想的な神秘的著作である。

詩のある本』は、『織り込み済み説法』の5冊のうちの最初の本であり、教えに触れ始めるのに最も快適で穏やかな方法です。

この本の中のそれぞれのスッタは、散文の物語の中に詩を含んでいます。この詩は本書だけのものではなく、全編を通じて見られる。このような詩を強調するのは、そこに含まれる情報が重要だからである。

この本は、『コレクション』の他の部分とは異なり、人物別に構成されています。各サユッタは、ブッダやその弟子と、デヴァ、王、ビクフニー、ブラフミンなどの個人または個人のタイプとの会話を含んでいます。物語の枠組みは簡潔で、誰かが釈迦に近づいて詩を発し、それに対してより良い詩で答えるというものである。

悪魔と絡む説法』には81の説法が収められており、通常、サヴァティー寺にいる釈迦に神が近づき、その栄光で夜が照らされる。神々は釈迦に質問や詩を投げかけますが、それは褒め言葉であったり、挑戦であったり、謎かけであったり、単なる反省であったりと、さまざまです。仏陀はそれに答え、通常、その話をより高い次元に引き上げる。ほとんどの場合、天人は仏陀から学びます。説法に特定のテーマはなく、単純なものから深遠なものまでさまざまです。次のサユッタとの違いはわずかで、意味にも違いはない。講演のスタイルは似ているが、ここでは離脱のテーマがより強調されている。.

仏の言葉 6 サムユッタ・ニカヤ (I)

SKU: JAP06
4,00 €Precio
  • 仏の言葉

bottom of page