top of page

マジマ・ニカヤ (省略形 MN) またはブッダの中間談話集は、パーリ語正典の 152 の談話集です。 「中間」という言葉は、個々の談話の長さを指します。ブッダと同時代の人々の間の物語として提示された多種多様な教えが含まれています。このコレクションは、中国語のカノンの翻訳として生き残っているサルヴァスティヴァーダ派のマディヤマーガマ と類似しています。

ブッダの中間談話のコレクションは、オリジナルの経典を含む 4 つのニカーヤの中で最もよく知られているコレクションです。この人気は、サンユッタ ニカーヤとは対照的に、伝記的な逸話と非常に表面的な教義の内容が混在しているという事実によるものかもしれません。

この中間コレクションには、非常に遅く導入された、ささいな意図性の散在し、偽装されていない外典の経典が含まれており、その光沢と信頼性が損なわれています。しかし、ブッダが生きた世界でブッダを文脈化するために、伝記的言及の価値に注目することは興味深いことです。

The First Fifty と呼ばれるこの最初のサブコレクションには、50 のスッタが含まれており、5 つの章に分かれています。万物の根に関する章、獅子の咆哮に関する章、比喩に関する章、ペアに関する章、そしてペアに関する小章。

仏の言葉 3 マジマ・ニカヤ (I)

SKU: JAP03
€4.00価格
  • 仏の言葉

bottom of page