top of page

の第6巻、『釈迦の説法集』は649のスッタ(説法)を集めていますが、その主題はほとんど常に6つの話題のグループを中心にしています。

というのも、6つの要素からなるテキストにはあまり多くのトピックがないので、第11章のように無理やり3つ組と呼ばれるものが多いからです。そしてまあ、336ですから...2つのトライアドを入れれば、おそらく『6つ子の書』に収録するための6つ子ができあがります。

しかし、5つに1つ、4つのグループに2つを足すと6になることもわかるでしょう。AN6.29では、五つのことをずっと話していて、結局もう一つ足して六つを完成させるのである。

この本にも読むべき経典はあるが、最後の章に含まれる最後のマチカを除けば、内容は面白くないままである。アングッタラ・ニカーヤ』がその人気を支えているのは、伝統的にひどい翻訳であり、難解なパラグラフを読み飛ばすために読者に外挿を考案させ、抽象的で未定義の謎の光輪を提供していることが次第に明らかになりつつあるのである。逸話的なスッタのセクションでは、我々はナーギータとAN 6.42を持っています。この中で釈迦は、どこに行ってもついてくる五百人の信者を抱えて、名声とその欠点、たとえば安心して糞や小便をすることができないことをわめき散らしている。アグッタラ・ニカーヤ』の第7巻『ブッダの数論集』には、7つのトピックのグループを主題とする1124のスッタ(講話)が収められている。

本書には、読むべき経典、長い経典、解説があり、中には興味深いものもある。 本書には偽りの経典はない。

仏の言葉 12 アングッタラ ニカヤ (III)

SKU: JAP12
€4.00価格
  • 仏の言葉

bottom of page