top of page

最初の二つの小冊子では、経験の過程が深く分析され、それを制御することが全くないことが確認されています。これは最初の高貴な真理を理解するのに十分すぎるほどで、これを理解することによって、他の3つが理解されます。

以下の小冊子では、さまざまなトピックを扱っています。好奇心旺盛な逸話が起こる。先達の仏陀カッサパと自分を比較することによって、彼のすべての瞑想的な達成を見直す。そのため、各成果に「迦葉も」と付け加えているのである。これは、ビクフスのサンガの規律を監督している仏陀の弟子であるカッサパが、これを聞いて、同名の仏陀ではなく、自分のことを指していると理解しなかったならば、彼の中に驕りが生じ、次の二つのスッタで、不動明王と八百屋の二つの恥ずかしい喧嘩をし、ビクフニーに荒涼とした結果をもたらすことになるのでしょ。

存在に執着する要因の書』は、『織り込み済み論集』の5冊のうちの3冊目である。この本は、教えの重要な側面を扱っているため、長さと重要性の両方で支配的な最初のサユッタにちなんで名づけられた。

存在に執着する要因の分析は、経験を論理的なレベルで体系化したもので、苦しみを理解する鍵であり、私たちがいかに輪廻に縛られているかを説明している。経験には、クオリア、感情反応、知覚、条件状況、認知という5つのプロセスがあります。最初のものは感覚の入力に関係するプロセスで、他の4つは概念化のプロセスである。

仏の言葉 7 サムユッタ・ニカヤ (II)

SKU: JAP07
€1,95Prezzo
  • 仏の言葉

bottom of page